だらだら闘病&ぐちぐち日常=だらぐち日記

ナノって何だ。
はぁ〜い、また分からない言葉です。

でしょ。
そうナノ。
やっぱり、そうナノ。


の、ナノ
「ナノ」とは10億分の1という大きさの単位を表す言葉で、長さや重さ、時間などいろいろなサイズを表すときに使います。
例えば、長さでは1ナノメートルは1メートルの10億分の1、1ミリの100万分の1です。これは、人間の髪の毛の太さ(約0.1ミリメートル)の約10万分の1です。原子1個のサイズは約1オングストローム(約0.1ナノメートル)なので、1ナノメートルは約10個の原子と同じサイズになります。


なるほど、大きさの単位ね。
で、ナノテクノロジーは・・・

ナノメートルというきわめて小さな世界で、原子や分子を自由に操作したり、制御することで、物質の新しい機能や優れた特性を引き出す技術の総称です。
身の回りにある物質はすべて、原子や分子が組み合わされてできています。同じ原子や分子でも、並び方が違うと物質の種類や特性も変わってきます。原子や分子のレベルで組織を組み替えることによって、これまで存在しなかった特性を持つ、まったく新しいナノ材料を作り出すことが可能になり、これまでの科学・工学の常識を超えた新たな可能性が広がります。


ふ〜んとしか・・・
* その他 * 15:20 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* - * 15:20 * - * - *
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック






   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
新しい記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アーカイブ
サイト内検索
 
オススメ
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日 (JUGEMレビュー »)
林家 こん平
仕事・家族・病気へのキレイごとではない真実、この病気の怖さが分かります。特に仕事への葛藤は共感できました。
お気に入りブログ
amazon検索
リンク
プロフィール&メール

taracoco@hotmail.co.jp
広告
DHCオンラインショップ オルビス