だらだら闘病&ぐちぐち日常=だらぐち日記

鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで
 宮部本です
古本屋で大量買いした中の一冊

この本は、ちょっと可哀相な事しちゃったんです
読み始めて、色々と浮気して違う本を読んで中々最後まで辿り着けなかった

また、宮部さんの本って内容を覚えてないと、次に進んでも「ナンダァ」てなってしまう

「燔祭」ってクロスファイアーの前書みたいでした

「鳩笛草」は、存在するんじゃないかな〜こんな人物って思った
だとしたら、確かに内容どおりの考えになって苦悩するなぁ

色んな力を持つ人の短編集ですね
私は、特別な能力はいらないな
* その他 * 23:02 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* - * 23:02 * - * - *
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック






   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
新しい記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アーカイブ
サイト内検索
 
オススメ
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日 (JUGEMレビュー »)
林家 こん平
仕事・家族・病気へのキレイごとではない真実、この病気の怖さが分かります。特に仕事への葛藤は共感できました。
お気に入りブログ
amazon検索
リンク
プロフィール&メール

taracoco@hotmail.co.jp
広告
DHCオンラインショップ オルビス