だらだら闘病&ぐちぐち日常=だらぐち日記

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * - *
1時間の罰ゲーム
 この検査は入院中に一度体験しましたが、忘れてました...

22日に受けたのは「神経伝導検査
テレビで見る、罰ゲームそのもの

今回は、両前腕部分

手に電極を付けて、前腕の神経を捜し電気を流す
見つからないと電気を流しながら、ヒットする部分を見つける

こんなに痛かったかねぇ?

痛いよ」と言われて流されるから、怖い
流れの中に「強いの一発いきま〜す」なんて言われて、「痛かったね〜」だもの
 生理機能検査は、苦手。

脳波の時も、頭が寝ていたらしく検査失敗してるし
頭の皮膚をヤスリで削られるのが怖いし

腕が勝手に跳ねるのが、途中から面白くってね〜
痛いやら面白いやらなんだかなぁ???

検査が終わり、廊下に出ると見たことある顔達が!!!
入院中に知り合った「MS仲間」が居ました
(MS仲間ってのも悲しいけど・・・)
外来で会うのも珍しいし、それぞれ違う入院時に出会った二人が話をしていた

「おひさ〜」っと言って世間話というか、病気の進行を話し
治験情報や病状を交換する

そして「本当、病気に見えないね〜」と言われる…うん、見せないもん。



* 病気 * 20:11 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* - * 20:11 * - * - *
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taracoco.jugem.cc/trackback/3203
トラックバック






     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
新しい記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アーカイブ
サイト内検索
 
オススメ
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日 (JUGEMレビュー »)
林家 こん平
仕事・家族・病気へのキレイごとではない真実、この病気の怖さが分かります。特に仕事への葛藤は共感できました。
お気に入りブログ
amazon検索
リンク
プロフィール&メール

taracoco@hotmail.co.jp
広告
DHCオンラインショップ オルビス