だらだら闘病&ぐちぐち日常=だらぐち日記

ヘソの穴
術後の経過診察に行って来ました。

ツイッターに書いたけど、受付したのに予約時間から1時間半以上待って、担当の先生が呼びに来てくれた。

どうも手順を間違えたのか?全く呼び出されず、待合室で持参した水筒のコーヒーとチョコ、スマホの漫画でボーと待ってました。
難病と同じ病院なんだけど、受診科の受付でも声をかけるルールみたい。
新病院になるから、覚えなくていいといわれたけどね。


さて、おへその経過ですが、3週間経ちますが、いまだに体液が出てます。

「湯船禁止」になってから1週間、ガーゼ2枚から1枚には減りましたが。

動く様にしてたのですが、「腹筋禁止」になりました。
腹膜が塞がってない様です。

小学生の時も「虫垂炎」になり、1週間で退院のハズが腹膜炎を起こし、1カ月入院した嫌な思い出があります。

ハァ来週、再度診察する事になりました。
神経内科と外科、同じ病院に連チャンです。

福袋予約も行きたいし…

* 日記 * 20:55 * comments(0) * trackbacks(0) *
エンディングで涙
大河を一年間楽しんだの「真田丸」が初。

最終回のエンディングロールで、感無量なのか涙が止まらない。

大泉洋さん目当てで、歴史は全くダメで観てるのを馬鹿にされたけどね。

カッコイイ最終回。

面白かった〜
* 日記 * 20:53 * comments(0) * trackbacks(0) *
入浴禁止
術後2週間経ち、経過を先生に診てもらいました。

おへそにある摘出した傷跡から、体液の流出がまだあり、腹帯を巻いてます。
入浴禁止になりました。
シャワーのみです。

お風呂でラジオ聴くの好きなんだけどなぁ〜

来週、再診になりました。

やっぱり変だったのか…
* 日記 * 20:50 * comments(0) * trackbacks(0) *
診療明細書
6年前、病院で領収書の他に、診療明細書の発行が業務化されるようになった。

入院中に使用した薬剤、処置、手術名等々、詳細過ぎる程に明細がされるようになった。

保険を請求する際にどうして入院手術の証明する書類を改めて作るんだろう?
証明書(診断書)も保険会社指定の書類だと病院指定様式より2倍以上の自己負担。

なんで厚生省が義務化した、診療明細書が認定されないんだろう?

どうせ作った書類、5〜7年で廃棄するだろうに…
手術名が記載さてあるページ
* 日記 * 20:35 * comments(0) * trackbacks(0) *
桃ちゃんトート

auから大きな箱。


「桃ちゃんトート」が届きました。
厚い帆布で、イラストが可愛い。



ポケットに猿・犬・キジが居ます。
写真で分かるかな?
ポケット内に、隠れて顔だけ出してる。


ちょっと改良して使おうかなと…

応募したのも忘れてるなぁ
* 日記 * 11:50 * comments(0) * trackbacks(0) *
曲げわっぱ


昨日、JCOMから届きました。
曲げわっぱが当たりました。

いい香りのお弁当箱

* 日記 * 11:36 * comments(0) * trackbacks(0) *
日常に戻りつつあり

 12月5日(月)に退院し、4日経ちました。

 

 'おへそ’にある大きな手術跡以外は、痛みは無くなりました。

'おへそは、まだ体液が出ています。

妹の腰痛ベルトを借り、腹帯と併用して生活しています。

 

「身体を動かすと治りが早い」と言われて退院したので、なるべく動くようにしていますがやはり前屈みがキツイ。

 

そして、歩いている時にどうしても我慢しているポーズがある。

それは、'おへそ’を押さえるポーズです、入院中に看護師さんと話していたんです。

「このポーズって妊婦だよね」と・・・

わたくしデブでございます、このポーズは勘違いされる、特にご近所さんは注意です。

 

 

続きを読む >>
* 日記 * 13:30 * comments(0) * trackbacks(0) *
退院後の大仕事


チビ達と約束していたクリスマスツリー。

サンタへの目印と話してたので、少し遅れたが、果たせたかな?
* 日記 * 15:00 * comments(0) * trackbacks(0) *
朝食〈覚え書き〉


ご飯、みそ汁、納豆、ヒジキの煮付け、福神漬け。

完食。

仲良くなった方と一緒に食事しました。
「最後の晩餐?だね」だってw

入院時より、体重が増えていました。
食欲が回復している?
こりゃ、マズイぞ・・・
* 日記 * 08:50 * comments(0) * trackbacks(0) *
嫌な出来事〈覚え書き〉
昼過ぎ、姉がお見舞い&荷物整理に来てくれました。

部屋を出て、小さめな食堂兼談話室で退院後の話などをしてました。

4つあるテーブルにのひとつに、‘お見舞いに来られていた家族’子供赤ちゃん含め8人ぐらい?この方々にとても不快にさせられました。
入院しているのは、看護士が介添えしてトイレに行く姿を見かけるお婆ちゃんです。

まず、個室でもない大部屋に、大人数で来られたら、凄く迷惑。
同室だったら、大きなため息を聞こえるように吐き、部屋には居られない。

この方々、席を沢山使い話をしていました。
まして、通路を塞ぐように座った為、車椅子は通れません。
患者も使う部屋です、椅子が無く覗いて帰って行った方々が数名
その時、院内で知り合った車椅子の娘が来たので、姉に移動をお願いし、同じテーブルに席を空けました。

子供同伴のお見舞いは、病室ではなく食堂がルールです。
子供側、患者側両方への配慮なんでしょう。
途中、妹と姪っ子が来てくれました。
声のボリュームが大きくなり易いので、姪も甥も、なるべく病室を出ます。
姪っ子は姉の膝の上。
なんで大人数で来るかなぁ?

その後、この方々この場で看護士に文句を言い始めました。

私の他にも患者の居るこの場で…

「検査の結果を知らされてない」
「ベット数が足りないので、決めた日に入院できなかった」等々

聞こえるんですよ、聞きたくなくてもね。

朝と晩、医師グループの回診が日曜日でもあります。
他に、グループ内の先生個々が回診もしてくれます。
私としては、またお腹見せるの?と思うけど、会話内で結果の聞いたりどう生活して行くかを教えてもらい行動してます。
外来・手術もあり、グループでの仕事ながら、大変だわと思ってしまう。
聞く機会なんて毎日あるし、どうして聞きたけりゃシツコク問えば答えてくれる。

ここで医師に対し文句を聞かされてしまったら、入院してる患者はどう思う?
そして今日は外来が休みで、医師の少ない日曜日だ。


あとは、ベットが足りなくて入院がズレた話。

なんとも言えない気持ち。

大体の場合、私が入院となるのは救急。
胆のう炎、多発性硬化症と入院となるのは、身体が悲鳴を上げた時。

「急病になっちゃダメなのか?」
自分では予想してない状況になってしまう事が多いので、ベットを奪っちゃったのか…と明日退院ですが、暗い気持ちになりました。

予定では、来年の2月頃、新しい病院、ピカピカの病室だったのに。

テレビのチャンネル話もあったけど、後日。

凄く長いなこれ。

文中の娘に、「永作博美」に似てると言われた。
‘ゴマフアザラシ’に似てると、言われた事はあっても、芸能人は初だ。
嬉しかった。

みなまで言うな。
視力は良く、鏡も見る、本人が一番分かってる???
* 日記 * 23:30 * comments(0) * trackbacks(0) *






   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
新しい記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アーカイブ
サイト内検索
 
オススメ
マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック
マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
サントラ,マイケル・フィリップ,ピアース・ブロスナン,クリスティーン・バランスキー,メリル・ストリープ,ジュリー・ウォルターズ,アマンダ・セイフライド,コリン・ファース,ドミニク・クーパー,ステラン・スカルスゲールド,アシュリー・リリー
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日 (JUGEMレビュー »)
林家 こん平
仕事・家族・病気へのキレイごとではない真実、この病気の怖さが分かります。特に仕事への葛藤は共感できました。
お気に入りブログ
amazon検索
リンク
プロフィール&メール

taracoco@hotmail.co.jp
広告
DHCオンラインショップ オルビス