だらだら闘病&ぐちぐち日常=だらぐち日記

声を発せず
3日ぐらい、大人と会話をしていない。

話しかけてくれたのは、甥と姪
ドラえもんの映画が楽しかったみたい。
姪は、「怖かった」そうです。
視線が怖いので、軽い返事のみ。

生理中で体調も悪く、逃げられない。

淡々と注射はする。

ダルいな、痺れるなぁ。

ひとりは辛いなぁ
* 日記 * 22:05 * comments(0) * trackbacks(0) *
私の3.11
「3.11」は、色々と思い出す日。

もちろん、地震当時の事を鮮明に覚えてるし、涙が出ます。

同時に、父の癌と余命を告げられた日。
来月、父の七回忌を行います。

ひとりだなと感じて、何度も泣きました。
大嫌いな父だったけど、孤独だと感じるよりは、居て嫌いだと思える方が楽。
ひとりぼっちは、苦しいです…
* 日記 * 15:55 * comments(0) * trackbacks(0) *
万作・萬斎の世界


野村万作・萬斎さんの狂言舞台に行きます。

この前日は、父の七回忌。
舞台の翌日が命日。

体調万全にしとかないと、数年振りに電車に乗ります。

狂言は数十年振り、舞台のよりも茶巾寿司の思い出が濃い。

立ち姿から好きなんです、野村萬斎さん。
同世代だったなら、万作の方が整った顔だよなぁ。なんて

野村萬斎さんの前は、先代の橋之助さんが好みだった。懐かし
* 日記 * 19:30 * comments(0) * trackbacks(0) *
自家製サクラアイス
富澤商店とカルディで、桜フレークを物色して安いカルディで購入。
スーパーカップと混ぜて、サクラ味。

* 日記 * 19:52 * comments(0) * trackbacks(0) *
アメリカンチェリーだわ??


楽しみにしてた、マックフルーリー。
桜じゃなくて、アメリカンチェリーの香りで、味もバニラにサクラっぽいフレークで残念。
サクラ味じゃな〜い。
* 日記 * 21:58 * comments(0) * trackbacks(0) *
雛人形、金屏風飾る。

金屏風が大体修繕できたので、雛人形に飾りました。


前に比べて、それなりに綺麗。


よく見ると、他の小物がまだ壊れているので、桃の節句が終わったら小物を修繕します。
* 日記 * 18:15 * comments(0) * trackbacks(0) *
隔離中、ピアス作成。
金屏風の前に作った物。

バザーで気に入ったパーツを買っていたので、ピアス部分を付けました。


穴がひとつ塞がってしまったので、福耳に引っ掛けてます。
スプーンがゴールド、太陽としずくがシルバー。
インフル隔離は、今週で終了予定。
* 日記 * 22:50 * comments(0) * trackbacks(0) *
確定申告、完了。
確定申告が終わりました。

役所に行く為、駅構内を通過。

伊集院さんが、ラジオでスタンプラリーの話をしてるので探したら有りました。
色々と限定グッズが貰えるんですね。
確かに、楽しそう電車に乗れればね。


ロッテリアの「桜モチモチあんこパイ」こんな名前だったかな?モチモチで美味しかった。
桜スイーツの季節だ
* 日記 * 18:01 * comments(0) * trackbacks(0) *
雛人形の金屏風
三姉妹の雛人形、まだ飾ってないです。
インフル蔓延の屋根の下、患うと持病が重くなるので私が隔離されてます。

そんな訳で、数年前から材料を集めて修復してやろうと思っていた雛人形の小道具を直してます。

和紙や金紙もそれっぽく見えるお高い材料。

既に解体してしまったが、綺麗に飾れるか。

* 日記 * 19:40 * comments(0) * trackbacks(0) *
死と宗教
出家騒動と心身喪失に思うこと。

岡村さんのオールナイトニッポンを聴いて、私も当時の事をもう一度書こうと。

発病と仕事の移動が同時期に発生。
左半身麻痺してるのに、車通勤で出勤。
今考えると危ないけど、仕事や他者への負担してしまうと自分の事など考える思考はなかった。

結果、職場で倒れ救急車で搬送。
心療内科の診察を促されたが、その頃には自立出来なくなり、両肩を姉妹に担がれて診察を受けるが、当時の事はぼんやりとしか記憶がなく、その頃の主治医や状況は周りから教えてもらいました。

再発もあり入院をさせられましたが、最初は部屋からトイレまでの行動が精一杯。
死や自殺の思考なんて日常だった、どう死ねば姉妹に負担なく死ねるかを考え、遺書なんて何通も書いた。

母は他界してるし、父は当てにならず、家賃は姉妹が払って居た。
そんな考えでも、仕事して働かなければと考えてる中で、心より身体が悲鳴をあげたんだと思う。

自分の状況がわかるなら、まだ正常なんだと思う。

こんな状態で、それぞれの宗教を信仰してる人に会った。

“信じて何かある?”
言葉は、カウンセラーの方が実感があった。
信仰して消費しろ、会話して「なんでココまで過信できるんだろう?」の疑問がいっぱいだった。

小学生の頃から某宗教に参加し、旅行や祭り事にも行っていた。

母が入院した時、見舞いに来たその方は大部屋の中で、母に祈りを捧げた。
その行為で、大部屋から個室に行かなければならなくなった。
宗教って、なんだと笑うしかない。

診断書なんて、親交のある個人医なら金さえ積めばなんとでもなる。
診断書は、医療費では無く実費の書類代、レセプトや明細見れば分かる。

未だ、障害で苦しむものとして、カンタンに心身喪失とか、死とか言って欲しくない。
正常な身体なら、難病やうつで戻らない身体と交換してほしいわ…
* 日記 * 19:05 * comments(0) * trackbacks(0) *






      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
新しい記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アーカイブ
サイト内検索
 
オススメ
マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック
マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
サントラ,マイケル・フィリップ,ピアース・ブロスナン,クリスティーン・バランスキー,メリル・ストリープ,ジュリー・ウォルターズ,アマンダ・セイフライド,コリン・ファース,ドミニク・クーパー,ステラン・スカルスゲールド,アシュリー・リリー
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日
チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日 (JUGEMレビュー »)
林家 こん平
仕事・家族・病気へのキレイごとではない真実、この病気の怖さが分かります。特に仕事への葛藤は共感できました。
お気に入りブログ
amazon検索
リンク
プロフィール&メール

taracoco@hotmail.co.jp
広告
DHCオンラインショップ オルビス